動物病院スタッフ参考書おすすめ8選

動物病院スタッフ参考書おすすめ8選

動物病院スタッフ参考書おすすめ8選

  

動物看護学参考書おすすめ

こんにちは!
ペットライフクリエイター獣医師MicVet です。
小動物臨床6年,ペットフードメーカなどで約1500件の動物病院を担当,動物病院スタッフ向けに毎日がちょっと楽しくなる情報発信中です。

  

  • 先生に専門用語で指示されたけど言葉の意味がわからない。
  • 患者さんの事ネットで調べてもでてこない。
  • 薬の事調べたいけどどうしたらいい?

そんな動物病院スタッフの困ったに役立つ参考書を紹介します。

良ければこちらの記事も御覧ください。
アニメで勉強しかも無料
動物看護師国家試験対策今から始めるべき理由

  

動物病院スタッフの教科書

きほんのきから勉強したいという方には動物看護師統一認定試験のカリキュラム準拠した動物看護の教科書をご紹介します。1巻~6巻まで全部で6冊あります。日本動物病院協会などで各4,860円税込みで6冊セット29,160円で購入することができます。

動物看護の教科書5巻だけでも十分

特に第5巻は動物疾病看護学や検査学が入っているのでこの本だけでほぼすべての動物病院に来院する病気について勉強できるくらいの内容です。A4サイズでカラーの写真や図イラストがたくさんあるので、見るだけであの患者さんと同じ病気だとすぐわかります。手元にあると心強い1冊です。定価:本体4,500円(税別)

疾患別動物看護学ハンドブック―動物看護のアセスメントと看護介入のポイント

病気の名前からササッと看護に必要な情報がまとまっていて、大きなポケットにはいるA5サイズなので持ち運びに便利で使いやすいです。写真はなく文字がぎっしりですが疾病名から代表的な症状や検査,看護ケアの方法などを素早く調べることができます。定価:本体3,200円(税別)

手術や麻酔に関わるスタッフにおすすめ

オペ室での動物看護を任せられたらまずはこれ

動物看護師のための麻酔はじめの一歩超入門

[itemlink post_id=”686″]

動物看護師のための 麻酔超入門 はじめの一歩 【改訂版】 (as BOOKS)""“>動物看護師のための麻酔はじめの一歩超入門 Amazon

オペ室で獣医師の麻酔助手をする動物看護師必須のアイテムです。超入門とあって麻酔器の使い方や麻酔薬,麻酔のリスクなどを写真とイラストで丁寧に解説しています。オペ室に入る前に一度目を通しておきたい麻酔モニターのバイブル的存在です。

動物看護の教科書第6巻

オペ室担当の動物看護師に必要な消毒衛生管理の方法や傷の治り方,術後のリハビリまで獣医外科治療をサポートするための内容がまとまっています。手術が始まる前に手術助手に必要な器具の名前などもチェックしておきましょう。定価:本体4,500円(税別)

飼い主説明の時に便利な本

動物から人に感染する伝染病を防ぐのも動物看護師の大切な役目です。Q&Aでイラストが多く,感染症の正しいケアの方法を飼い主さんにわかりやすく説明することができます。

イラストでみる犬の病気・猫の病気

イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書)

イラストでみる猫の病気 (KS農学専門書)

ほとんどの動物病院で待合室においてある鉄板の本です。イラストや写真を使って犬や猫の体に何が起きているのかわかりやすく解説されているので飼い主さんと一緒に読みたい本です。

犬と猫の栄養学

ペットの食事に関するケアは病気の治療になくてはならないものです。飼い主さんにペットフードについて聞かれて困ったらこの本が頼りになります。パッケージの見方やペットフードの製造方法はもちろん、疾患に対する栄養学もしっかり解説しています。うれしいのは各メーカーの療法食が写真付きで説明があるので飼い主さんとのフード選びに最適です。

  

より専門な勉強をしたい方の参考書

新人獣医に必要な臨床病理学の教科書です。書いてある文章はかなり専門的な内容ですが図や写真がたくさんあるので目で見てわかりやすいです。もっと深く勉強したい方,二次診療施設の動物病院にお勤めのスタッフさんにおすすめです。

動物看護師スキルアップカテゴリの最新記事