動物看護師お給料の3つの謎

動物看護師お給料の3つの謎

動物看護師お給料3つの謎

動物看護師お給料3つの謎

このBlogぶいらぼでは約1500件の動物病院を担当した動物病院初診専門コンサルタント獣医師MicVetが動物看護師お給料の3つの謎を考察します。

  • 動物看護師の初任給は低いのか?
  • お給料はどうやってきまるのか?
  • お給料低いところは辞めたほうが良い?

これから動物看護師になりたい方,現在動物看護師として働いている方必見です。

お金で動物看護師のやる気はあがるのか?

労働基準法動物看護師が知っておくべき基本のき

動物看護師の初任給は低いのか?

動物看護師の初任給は低いのか?

動物看護師の初任給は本当に低いのか?動物看護師以外のお仕事と比べてみました。

厚生省が公表している短大専門卒の初任給平均です。

平成 30 年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況

男性 短大専門卒 初任給平均 182,900円

女性 短大専門卒 初任給平均 180,400円

男女 短大専門卒 初任給平均 180,400円

私が一緒にお仕事してきた動物看護師からお話を聞くと初任給は少なくて16万,多くて21万でした。

平均すると初任給は約18万になるので一般の短大専門卒の方と変わらないことがわかります。

動物看護師だけが特別にお給料が低いわけではなさそうです。

お給料はどうやって決まるのか?

お給料はどうやって決まるのか?

お給料という言葉は労働基準法にはなく,賃金という言い方をします。

使用者が労働者に対し、労働の対償として支払うものが賃金である。

図解でシッカリ! よくわかる労働法 より抜粋

賃金をいくらにするかは3つの項目を目安に決められています。

1労働者の生計費:どれくらいお給料があれば生活できるか?

2類似の労働者の賃金:他の動物病院がどれくらいのお給料なのか?

3事業の賃金支払い能力:動物病院の売上の中からどれだけ支給できるか?

最低賃金法

地域や仕事内容によって最低でもこれ以上のお給料を支払わなければならないという法律があります。

その法律のことを最低賃金法といってお給料を払う側に義務付けされていて労働者の生活を守っています。

ご自身の地域の最低賃金がどれくらいなのかは厚生労働省HPの

地域別最低賃金の全国一覧にて最低時給が公表されています。

最低賃金は経済状況によって変化するのでだいたいこれくらいか~といった程度に留め置いてください。

お給料低いところは辞めたほうが良い?

これは毎年必ず相談される質問ですが聞かれるたびに毎回悩みます。

というのも一概にお給料の金額だけでは損得の判断ができないからです。単にお金の計算では測れない特典がある動物病院もあります。

お給料以外の報酬

求人票などに記載されている賃金をみるとお給料が低い動物病院を見かけます。そういった動物病院ではお給料ではなく別の形で特典がある事が多いのでよく確認しましょう。

住宅の貸与

動物病院に近いところに部屋を用意してくれることです。

特に都心部では家賃だけで月に5~8万する部屋にただで住めることを考えればかなりお得です。

福利厚生が充実している

残業がない,有給消化100%などの労働環境が良かったり。退職金が少し多めにもらえる事があります。

そして一番ありがたい福利厚生は従業員のペット医療費優遇制度です。

動物病院によって半額程度から完全無料までさまざまなスタイルがありますがペット保険に加入することを考えると断然お得なケースがほとんどです。

ボーナスが高い

ボーナスが高い

  

お給料は求人票に明確に記載されているのに対しボーナスはハッキリと書いてないことがあります。これには理由があります。

労基法では賞与についてこのように説明しています。

定期的にまたは臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支払われるものであって、その支給額があらかじめ確定していないものをいう

図解でシッカリ!よくわかる労働法 より抜粋

どういうことかというと

賞与(ボーナス)は必ず支給しなければいけないものではなく労働者と使用者の間で自由に決定することができるということです。

  • あのこは頑張っているからボーナス高くしよう
  • まだ研修中だからボーナスはこれくらいにしよう
  • 今年は売上が大きかったからボーナスを多めにしよう

と言った具合にボーナスを支払う側が状況によって金額を決める事ができます。動物病院の状況によってボーナスの金額が変化するため求人表に明記することができないのです。

お給料が低めになっている動物病院ではボーナスが多めに支給されるところもありますので就職をお考えの方は必ず確認をしておきましょう。

お給料の謎を無料で解決する方法

まとめ

動物看護師に限ったことではありませんが,お給料について不安や疑問があれば必ず確認しましょう。

ちょっと勇気がいることかもしれませんがご自身のお給料の仕組みを理解するということはどうすればお給料を上げることができるのかを理解することでもあります。

動物看護師の労働基準法着替えは労働時間? | ぶいらぼ より:

2019年10月12日 8:38 午後

[…] 労働基準法動物看護師が知っておくべき基本のき 動物看護師お給料の謎 […]

返信
  • […] 動物看護師お給料の3つの謎 […]

  • […] 動物看護師お給料の3つの謎 […]

  • コメントを書く

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    動物病院の働き方カテゴリの最新記事