動物看護師就職転職用動物病院の選び方

動物看護師就職転職用動物病院の選び方

動物看護師就職転職用動物病院の選び方

良い動物病院の見極め方法

 就職活動や転職のためにはどんな動物病院がいいのか

大事なペットをどこの動物病院で診てもらうのか

悩んでいる方多いですね。

飼い主さんからもスタッフからも信頼されている動物病院のポイントを整理します。

院内の衛生管理をチェック

 動物病院はご存知の通り「病気になった動物」が来院するところです。

そしてその飼い主さんやスタッフも。

大きい動物病院だと1日に200人もの人が出入りする空間です。

そんな人が多い場所で衛生管理ができていなければ患者さんもそこで働くスタッフも体調を崩してしまうのは想像に難しくないと思います。

入口のマットは汚れていないか?

待合室に異臭がしてないか?

受付に書類が山済になってないか?

カルテはきちんと整理されているか?

一見きれいにみえる動物病院でもよく見ると使用済みの注射器が落ちてたりします。笑

スタッフの服装をチェック

 自分で洗濯しているにしろ、動物病院で洗ってもらうにしろ

毛が付いたままになっていたり、穴が開いていたり

スタッフをパット見て「なんかボロボロだな~」という印象を受けるところは注意が必要です。

 忙しくてそこまで気にすることができない状況なのか、そもそも汚いと思っていないのか、いずれにしても「余裕がない」状況がありそうという印象を受けてしまいます。

休憩時間をチェック

 シフト制の動物病院では難しいですが、複数のスタッフがみんなで休憩できる動物病院では働いているスタッフが休憩時間どんな風に過ごしているのかぜひチェックしてみてください。

 リラックスして寝てる人がいたり、おしゃべりに夢中になっていたり。

「一緒にコンビニいこう」など明るい印象なら一安心。

 一人ひとりがバラバラで、黙々と休憩し、休憩時間中も仕事をしているようなら今日だけ特別忙しい状況なのか聞いてみるといいかもしれません。

スタッフの入社退社が激しい それも○

 せっかく新しいスタッフが入ってきたのにすぐに別のスタッフがやめていく…うちの病院ってもしかしてブラック? 

必ずしもそうとは限りません。

その動物病院が他の動物病院よりも優れた技術や施設がある場合、教育・研修目的で就職することがあるのでスタッフの出入りが激しい=ブラックとは言えません。

いわゆるブラック動物病院との見分け方は

アルムナイをチェックすることです。

アルムナイって聞きなれない単語がでてきましたが

アルムナイとは英語のalumniのことで卒業生や同窓生のことです。

次々に新しい獣医師が入ってきて、どんどんやめていく・・・

それでも辞めた人がよく遊びにきたり、一緒に食事をする機会があったり、退職したけれど戻ってきました!という方がいたり。

っといったように退職したスタッフと交流が続いているならアルムナイがある証拠です。

 こういう動物病院は万が一あなたが退職することになったとしても力になってくれることが多いですし、人脈という大きな財産を築けるかもしれません。

ずっと長く続ける意思があるか

 新卒で入った動物病院が働き始めて1年で動物病院を閉めることになりました。と相談されたことがあります。

 聞けばその動物病院の院長は70代後半くらいの先生で跡継ぎもなく体調を崩したことをきっかけにそのまま動物病院を閉めることになったそうです。

 その動物病院が5年先、10年先、またその後も

オーナーや院長が引退した後も動物病院を続けられる用意があるかも大事なポイントです。

飼い主さんからの信頼がある(常連の飼い主さんがいる)

 突然大声をあげたり、飼い主さんからのクレームがあったり人柄や獣医師としての技術に信頼がおけない状況だと精神的にもしんどいですね。

 飼い主さんから「長年見てもらってるの」や「前の動物病院から先生に診てもらいたくて転院してきた」などのお話があれば良い動物病院です。

観葉植物が枯れてない

動物病院にはよく観葉植物がやお花がおいてあることが多いのですがお手入れができているのかも要チェックです。

 観葉植物がない場合は待合室に季節感のあるアイテムが置いてあるかを見てみると良いでしょう。

 忙しすぎてスタッフの余裕がなくなると医療に影響のないところから管理ができなくなってくる傾向にあります。

 特に待合室は飼い主さんが過ごす場所ですので待合室が衛生的で過ごしやすいような心遣いができる動物病院はスタッフのことも気にかけてくれるでしょう。

動物看護師にも勉強できる環境がある

 獣医学は日々進化し続けています。動物看護師も常に情報をアップデートしなければいけません。動物看護師向けの書籍や雑誌などがあると気軽に勉強できる環境が整っている証拠。ぜひ活用するべきです。


as BOOKS 今さら聞けない!?動物医療の基礎知識 疾患編

 

獣医師だけでなく院内セミナー・外部セミナーへの参加が認められている、又は「この人みたいな動物看護師になりたいな」というメンターがいる動物病院に巡り合えたならそれは本当に幸運なことです。

 自分のスキルを磨きやすい環境でぜひrichな動物看護師へ!

 

未分類カテゴリの最新記事